手の皮膚の病気ガイド

手のブツブツ

「最近、手がなんだかかゆくてブツブツができてしまった」とお悩みの主婦の方が多いようですね。手のブツブツでかゆみをともなう場合、手湿疹にかかっている可能性があります。とくに、毎日水仕事をする主婦に多くみられる症状であることから、主婦湿疹といった呼び方をすることもあります。

 

主婦は、毎日炊事をしていて、1日3度の食事のたびに食器や地調理器具を洗ったり、野菜などの食材を洗うなど、常に水を使って炊事をしています。もちろん、水仕事を頻繁にしている主婦であっても、手湿疹ができたことはなく、手にブツブツした皮膚の症状がまったく見られない人もいます。

 

手のブツブツができやすい人は、もともとアトピー体質やアレルギー体質を持っている可能性もありますが、そうでない場合は、毎日使っている台所用洗剤や洗濯洗剤などに含まれている化学物質が原因で、手湿疹ができる可能性もあります。

 

また、水仕事をしたあとに、手に付着した水分をよくふき取っておかないと、とくに冬の寒い時期はあかぎれやしもやけなどの原因になることもありますので、注意しましょう。
手のブツブツができている場合、寒いからといって熱いお湯で水仕事をすると、手の皮膚に必要な水分や皮脂がはがれ落ちてしまい、かえって症状を悪化させる原因となります。

 

また、手袋をして水仕事をするのは良い方法ですが、手袋に使用されたゴム素材が手に接触することで、かえって手のブツブツの症状を悪化させる可能性がx

 

自己判断ではなく、手のブツブツが気になる方は、まず皮膚科専門医を早めに受診して、治療を受けることです。