手の皮膚の病気ガイド

手の甲の湿疹

手湿疹(主婦湿疹)にかかると、手のひらだけでなく、手の甲に湿疹の症状がみられる場合もあります。手白癬にかかった場合は、それほどかゆみが強くなく、水泡ができやすいといった特徴がありますが、とくに水泡ができていなくて、1ミリ程度の湿疹がみられる場合、手の甲にぽつぽつとできる場合、あるときは皮膚の表面のぽつぽつした湿疹が気になることはあっても、気が付いたら消えていたり、またできているといった症状を頻繁に繰り返す場合は、手湿疹にかかっている可能性が高いようです。

 

手湿疹自体は、とくに皮膚の病気としてはそれほど深刻なものではないので、気になる症状があれば、早めに皮膚科専門医を受診することです。
水仕事をする主婦に多くみられるため、手湿疹のことを主婦湿疹と呼ぶこともありますが、ビニール製の手袋をはめて水仕事をしていると、その化学成分などが手の皮膚に反応して、かえって症状を悪化させるケースもあるようです。

 

わたしたち女性は、常に手になにか物がふれる機会が多く、台所の後片付けや掃除、食材をさわって調理をするなど、日常生活の中で手に物が触れないことはまずないと思います。
台所用洗剤や洗濯洗剤、歯磨き、トイレ用洗剤などさまざまな種類の洗剤を使っている中で、とくに敏感肌やお肌が乾燥しやすい方は、注意が必要です。

 

手の甲に湿疹がみられる場合、頻繁にその症状が繰り返される場合は、手湿疹の可能性が高く、早めに皮膚科専門医の診察を受けることです。とくに洗剤を頻繁に使わない人でも、手湿疹になりやすい体質であるという可能性もあります。アトピーやアレルギー体質の方は、とくに注意が必要です。